◆商品検索◆
キーワード
  ▼商品検索カテゴリ

ご存知ですか?家具のお手入れ方法

新井家具店社長ブログ

新井家具店本館のスタッフブログ

◆商品詳細◆

DOCK(ドック)エンターテイメントユニット/TVボード


DOCK/エンターテイメントユニット
DOCK/ドック/TVボード側面

リサイクルウッドと鋳鉄のインダストリアルな160TVボード「DOCK(ドック)エンターテイメントユニット(VR29)」です。

天板はリサイクルウッド集成材、脚部はビンテージのドリルプレス機のパーツからとられた鋳鉄からなるTVボード。

ご家庭向けはもちろん、ショップウィンドウディスプレイなどにもおすすめのハイセンスデザインです。

お問い合わせはお気軽に!!


商品名:DOCK(ドック)エンターテイメントユニット

商品番号:A889tv-160
サイズ:幅1600×奥480×高470
定価:¥167,400-(税込)→お問い合わせ下さい!!


DOCK(ドック)エンターテイメントユニット仕様


■主材:リサイクルウッド集成材(再利用材)、鋳鉄、スチール
※棚板は左右にスライドします。(棚板幅88cm)
※天然素材、ハンドメイドのため、ひとつひとつの商品で素材の表情、風合い等に多少の個体差があります。
※印刷画像のため、またお使いのパソコン環境により、実際の色とは多少異なって見えるかも知れませんのでご了承ください。


※近畿2府4県内の当店自社便配達可能地域に限り、送料無料で配達いたします。
その他の地域の宅配便送料に関しましては日本全国別途お見積もりいたしますので、下のお問い合わせバナーよりどうぞお気軽にお問い合わせください。
 →近畿内の自社便配達不可(有料)地域に関しましてはこちら


商品番号 A889tv
商品名 DOCK(ドック)エンターテイメントユニット/TVボード
定価 167,400円




DOCK(ドック)エンターテイメントユニット ここがおすすめ

飾っているだけでも絵になるビンテージ風TVボードです。
天板リサイクル材(再利用材)の古びた風合い、鋳鉄脚のインダストリアルな重厚感が独特の力強さ、インパクトがあります。
ドリルプレスマシーンからとられた鋳鉄脚デザインは家具とは思えないデザインと素材感。
おしゃれな空間をさらにおしゃれに、また違った雰囲気に変えてくれます。
ご家庭向けまたはショップウィンドウディスプレイ等にもおすすめ。



DOCK/ドック/ローボード
DOCKエンターテイメントユニット





■WOOD〜リサイクルウッド〜■

ベトナム、カンボジアにて供給されるリサイクルウッドを原材料として使用。
しっかりと人工乾燥し集成された後、表面の耐久性強化や反り防止のため、鉄のロッドによって組み上げられます。
最後は天然オイルやワックスで仕上げられます。
年月が経つにつれて深みを増して味わい深い質感、色合いに変化してゆきます。
極度に乾燥した環境は避けていただき、また家具用ワックス等による定期的なメンテナンスにより、硬質で耐久性のある表面仕上げで末永くお使いいただけます。


■CAST IRON 〜鋳鉄〜■

主に日本製の織機部品のようなビンテージの機械パーツから鋳鉄を作り出しています。
これらのパーツはそのまま再利用したり、また他のパーツは溶かして鋳造によりテーブルの脚になります。
それから腐食を防止するパーカー処理を施され、黒着色の後、ワックスとオイルによって仕上げられます。
表面は一旦酸化されて、その後化学的に安定していきます。
錆びが気になってきた場合はワックスを塗布することによって、表面の安定状態を維持できます。
一部備品パーツなどをのぞいて、すべてリサイクル素材です。
自然に出てくる部分的な錆びにより、より一層深みのあるヴィンテージ家具へと変化していきます。



CAST IRON/鋳鉄 WOOD/リサイクルウッド/FSCオーク
※上画像はイメージ画像です

<リサイクルウッド(再利用材)製品について>
特性上、材表面に油分が出ることがあり、衣類などに付着するおそれがあります。
初めてご使用する際およびワックス処理後は布で表面をしっかりと拭き取り、充分に乾燥させてからご使用ください。
リサイクルウッドの特性と風合いを生かした加工が施されており、以下のような特徴がありますことをご理解ください。
 天板の凹凸/鉄のロッドの使用/木材の表情が一点一点異なる/時間をかけて変色したような色の濃淡
 割れや釘穴、連結穴の跡/板の継ぎ目が浮き出て見えるようなライン
見方によっては長く使っていくことを心配される箇所もありますが、強度的には問題ありませんので安心してお使いいただけます。

<スチール・鋳造製品について>
鉄本来の無骨な表情を生かしたクロカワを剥がしていない製品(クロカワ仕上げ)は、焼付け塗装を行った製品に比べて酸化が早くサビが出やすくなっております。
どの仕上げでもサビが一切でない仕様ではありませんので、多少のサビが発生することをあらかじめご了承ください。
こちらのシリーズは経年変化や劣化も素材の持つ特徴、表情の一つとして考えられていますので、ある程度のサビや塗装のはがれ等は商品基準として不良とはみなされませんのでご了承ください。